生姜の栄養

薬味として、そして、近年ではさまざまな病気から身体を守ってくれる健康食材として、わたしたち日本人に馴染みのある生姜。
この生姜は、なんと日本でも奈良時代以前から使用されている、長い伝統をもつ食材でもあります。

この生姜は主に香辛料として使用されています。
たとえは冷奴やお寿司、またそうめんなど、日本の伝統的な料理には、よく使われる薬味です。

そのまま生で使う他、酢や塩、そして砂糖など、さまざまに味付けして使われることもあります。

このように味付けした生姜の代表的なものに、生姜の甘酢漬けがあります。
この生姜の甘酢漬けは、日本料理だけでなく中華料理にもよく使われます。

また、B級グルメとして人気のお好み焼き、そして、たこ焼きなど、主に関西で人気の食品にも、この生姜がよく使われています。
この際によく使われるのは紅生姜です。
この紅生姜は食紅を混ぜた調味液に漬け込んでいるために赤くなっており、その見た目の鮮やかさから多くのお料理に使われているのです。

この紅生姜をよく使用しているお料理としては、お好み焼き、たこ焼きの他、焼きそば、焼きうどん、そして冷やし中華や牛丼などがあります。
この牛丼は、特に大手のチェーンも多く、そしてそこでもよく紅生姜が使われていることから、牛丼といえば紅生姜、という方も多いのではないしょうか?

また、この生姜にはタンパク質を固める作用があります。
この作用は生姜に含まれる酵素のひとつによるもので、これを利用して牛乳を使用したスイーツに生姜を使うこともよくあります。